圓満院の基本理念 −活動紹介−


北朝鮮による拉致被害者を救うための講演会



『北朝鮮による拉致被害者
   を救うための講演会』

を圓満院内三井寺ホールにて
開催致しました。





 去る平成17年9月11日、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」の横田滋さん、早紀江さん、有本明弘さん、嘉代子さんの両御夫妻を圓満院にお招きし、拉致問題の早期解決を目指して講演会を開催いたしました。この講演会は半年前から計画していたのですが、偶然衆議院の解散選挙の投票日と重なり参加者の動向を少し心配していました。が、当院三井寺ホールの収容定員を超える700人以上の方々にお出で頂き、そして拉致被害者ご家族のお話に熱心に耳を傾けておられる参加者の姿を拝見し、国民の皆様のこの問題に対する関心の高さを改めて感じました。
 講演会を開催するにあたり、大津市や県会議員の皆様からもご支援を賜り、また耳の不自由な方も多くお見えでしたので手話の通訳の方にも御協力頂きました。御参加、御協力いただきました全ての皆様に感謝申し上げたいと思っております。
 この深刻な問題の早期解決を願い、そして国民の関心が薄れていくことのないように、圓満院では今後も継続的な支援活動に力を入れていきたいと思っております。
講演会の様子
皆さん熱心に講演を聞いておられました。
講演の後、宸殿(重要文化財)にて。
名勝史跡の庭園を拝観。

初護摩・新年賀会

 総本山圓満院では、毎年1月28日に初護摩・新年賀会を開催しております。毎年お食事や色々な団体による催し物を企画しており、檀信徒の方々には、多数参加をして頂き、大変喜んで頂いております。

写真は、2012年1月28日の初護摩・新年賀会のびわこダルクによる和太鼓の演奏の様子。
※びわこダルクとは、2002年11月に開設された薬物依存者の薬物依存症からの回復に励む団体です。

総本山圓満院門跡では、このような団体様へ活動の場を開放し、また相談にも乗り、協力し合い、回復に向けての祈願等もしております。


円満会(檀信徒や地域住民による親睦会)

 総本山圓満院門跡では、毎年檀信徒や地域住民による多種多様な親睦会の円満会を開催しております。春は「さくら会」、秋は「もみじ会」といい、お食事をしながら、お琴の演奏や日本舞踊、バイオリン、フルートが奏でる音色など、参加者の憩いの場として檀信徒や地域住民の方々に喜んで頂いております。2011年2012年と春に重要文化財である宸殿にて夜桜会を開催致しました。



左写真:
2011年4月16日に
宸殿にて開催致しました
夜桜会で、胡弓を演奏し
ている様子。



右写真:
2012年4月21日に
宸殿にて開催致しました
夜桜会で、バイオリン・
お琴を演奏している様子。

総本山圓満院

震災復興支援

東伊豆別院

癒しの寺院

お問い合わせ

  • 総本山圓満院門跡
    〒520-0036
    滋賀県大津市園城寺町33番地
    TEL 077-522-3690(代表)
    FAX 077-522-3150
  • 圓満院門跡東伊豆別院
    〒413-0302
    静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1222番地1
    TEL 0557-33-4555(代表)
    FAX 0557-33-4556